地域の自立・活性化活動支援事業では、地域のために自主的に企画・運営をされる団体に補助金を交付しています。
 詳細は以下の通りです。

対象団体

  1. 町内に事務所等を置くコミュニティ
  2. 町内で地域の自立・活性化に資する活動を行うコミュニティ
 ※コミュニティとは、自治会及び自主的な意志によって構成する組織のことです

対象事業

 地域の自立・活性化のために新たに取り組むソフト事業、もしくはこれまでの取り組みを更に拡充するソフト事業

 ※次のいずれかに該当するものは対象外です。    
  • 町の他の制度により補助金等の交付を受けている事業
  • 地域住民の交流行事等親睦を主たる目的とする事業
  • 祭り、運動会、スポーツ大会等地域で通常一般的に行われている事業
  • 特定の政治活動や宗教活動又は営利を主たる目的とした事業
  • その他町長が適当でないと認める事業

 ※ハード事業費(備品及び設備費等)及び食糧費は、原則として支援対象外です。

  ただし、事業遂行のためやむを得ない場合、次の範囲についてはこの限りではありません。    

  1. ハード事業費:交付金額の2分の1以内
  2. 食糧費:講師の昼食代等

支援額

  1. 地域の自立・活性化のための事業
     事業費の10/10以内(交付上限10万円)

  2. 1の事業のうちイベント開催・広域交流・景観形成等の活動
     事業費の1/2以内上限30万円)

  3. 協働で実施することにより地域の課題が図られる事業

       事業費の10/10以内(交付上限50万円)

支援期間

 同じ内容の事業について支援を受けることができるのは通算3回までとします。
 ※ただし、同一年度内の支援は1回のみ

全体の流れ

 募集期間に提出していただいた計画書(様式1)をもとに審査会を開催し、実施事業の採択・不採択を決定します。
 採択となった団体は、交付申請書(様式2)を提出してください。補助対象となるのは、交付決定後に発生した費用に限ります。
 事業完了後は必ず実績報告書(様式6)を提出してください。

募集期限(平成29年度)

  1次募集: 4月 7日(金曜日)
  2次募集: 6月 9日(金曜日)
  3次募集: 9月 1日(金曜日)

審査会での選考方法

 方式 :審査員による聞き取り審査
 評価基準:(1)地域性 (2)公共性 (3)計画の実現性       (4)新規性 (5)交付金の有効性  の5項目

様式

  活動計画書(様式1)   PDF 45KB   Word 42KB
  交付申請書(様式2)   PDF 44KB   Word 63KB

  実績報告書(様式6)   PDF 55KB   Word 81KB

  募集要項(補助金概要)  PDF 406KB

 

採択事業

 【平成29年度】

  1.地域の自立・活性化のための事業

    山のクリーン作戦&山菜を知って、食べよう!(土下楽しもう会)

    葛による地域おこし(葛による地域おこし研究会)

  2.1の事業のうちイベント開催・広域交流・景観形成等の活動

    コール・ウインドミルコンサート(コール・ウインドミル)

  3.協働で実施することにより地域の課題解決が図られる事業

    鳥取県中部地震復興応援イベントin由良台場(国史跡由良台場を盛り上げる会・生涯学習課)

 

 【平成28年度】

  1.地域の自立・活性化のための事業

    サツマイモともち米栽培を通じた地域社会交流事業(北栄町シルバー人材センター)

    北栄町で田舎暮らし体験(北栄町グリーンツーリズム研究会)

    土下周辺のことをよく知ろう(土下楽しもう会)

  2.1の事業のうちイベント開催・広域交流・景観形成等の活動

    応募なし

  3.協働で実施することにより地域の課題解決が図られる事業

    国史跡 鳥取藩台場跡 由良台場跡 保護・活用事業(国史跡 由良台場を盛り上げる会・生涯学習課)