不妊治療の経済的負担を軽減するため、体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」)に要する経費の一部を助成します。

  対象者

 次のすべてを満たす方とします。
  1. 法律上の婚姻をしている夫婦であること
  2. 特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の見込みがない又は極めて少ないと医師に診断されていること
  3. 夫もしくは妻のいずれか一方が、北栄町に住所を有し、1年以上居住していること
  4. 夫婦に課された町税等に滞納がないこと

助成の額等

   1.助成額:採卵を伴う治療について175,000円を限度に助成(初回は100,000円)
                  採卵を伴わない治療について87,500円を限度に助成
     ただし、当該不妊治療に対し県など他からの助成を受けている(受ける)場合は、その助成額を控除するものとする。

   2.回数等:助成の期間は通算して5年度が限度。回数は通算10回。1年度につき2回(初年度3回)が上限。

申請書類

鳥取県の特定不妊治療の助成を受けている場合

  1. 申請書(様式第1号)
  2. 鳥取県が発行した「特定不妊治療費助成金交付決定及び額の確定通知書」の写し
  3. 医療機関が発行した特定不妊治療に係る領収書の写し
  4. 実施報告書(様式第3号)

上記以外の場合

A申請書・・・上記の1.に同じ
B特定不妊治療受診証明書(様式第2号)
C夫及び妻の住所を確認できる書類
D法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類
E医療機関が発行した特定不妊治療に係る領収書の写し

F実施報告書・・・上記の4.に同じ

 

   申請書類については以下でダウンロードしてご使用ください

     様式第1号~第7号.pdf

申請期間

  1. 助成金は原則として治療をされた年度内(4月1日から翌年3月31日まで)に申請をしてください。
  2. ただし、例外的に、2月1日から3月31日までの間に終了した治療については、翌年度の5月31日まで申請することができます。この場合、申請した年度の治療として算定されます。(1月末までに行った治療と一緒に申請することはできません。)