「新しい生活様式」における熱中症対策について

 「新しい生活様式」における熱中症予防の行動のポイントをまとめました

 ※画像をクリックするとPDFが開きます。

「新しい生活様式」熱中症チラシ

マスクの着用について

マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。

 したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
 外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。

エアコンの使用について

 熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。ただし、一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気を行っていません。新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしましょう。

涼しい場所への移動について

 少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。一方で、人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合もあると思います。その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。

日頃の健康管理について

 「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをお願いしています。これらは、熱中症予防にも有効です。平熱を知っておくことで、発熱に早く気づくこともできます。日ごろからご自身の身体を知り、健康管理を充実させてください。また、体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

気温が急激にあがる日は熱中症に要注意!

お出かけや農作業など外で過ごす機会が増える時期です。
暑さに慣れていないこの時期、気温がさほど高くなくても熱中症を発症される方があります。
まだ、夏ではないと油断せず、熱中症予防に心がけましょう。

適宜マスクをはずしましょう

気温・湿度の高い中でのマスクの着用は要注意です。

屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう。

マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人と距離を十分にとったうえで、適宜マスクをはずして休憩をしましょう。

 

熱中症から身を守る予防と応急処置のポイント

熱中症は、命を落とすこともある危険な病気ですが、正しく理解し、対策をすることで防ぐことができます。

気をつけたいのは、こんなとき

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風がない、日差しが強い
  • 暑さに慣れていない時期
  • 暑い夜

日常生活での予防法

  1. のどが渇いたと感じる前に、こまめに水分をとりましょう
    • 目安は1日1リットル~1.5リットルをこまめに飲みましょう。
      (時間を決めて、意識して水分補給をしましょう)
    • 水分は、お茶やお水で十分です。汗を多くかいたときは、スポーツドリンクや塩分の入った水(1リットルに塩ひとつまみ)などで、塩分もとりましょう。
  2. 外出時は、帽子や日傘で日差しを避けましょう
  3. 通気性のよい涼しい服装をしましょう
     襟元をしめつけると熱や汗が逃げにくくなるため、できるだけゆるめるようにします。
  4. 気温や湿度が高いときは、無理な運動を控えましょう
  5. 日ごろから規則正しい生活をこころがけましょう(特に食事、睡眠はしっかりとりましょう)
  6. 部屋の温度が28度を超えないように、扇風機やエアコンを上手に利用しましょう。
 

こんなことがあればすぐに応急処置を!

 
 
体調が悪いときは、無理をせずに。 おかしいなと思ったら、休養と水分補給。