~紙・墨・筆にこだわり躍動する新たな表現を求めて~

 「新たな」に表されているように、今回のために作品を仕上げていただきました。約25点もの作品があり、何度も書いてはダメ出し、このように試行錯誤を繰り返しながら完成されました。そんな引田恵華氏

実は

 明石春浦(しゅんぽ)先生の流れを汲む墨泉書道院で盃を受けられています。主な発表の場としては書道芸術院展・毎日書道展を中心として出品を続け、実力が見とれられています。現在は書道芸術院審査員、日本教育書道連盟審査員、倉吉市展審査員、鳥取県中央書道連盟常任理事、県書道連盟常任理事などもされています。

さらに

 教育分野でも活躍されています。松柏学院倉吉北高等学校、県立鳥取中央育英高等学校、県立倉吉農業高等学校で書道の講師もされています。北栄町のイベントでは県立鳥取中央育英高等学校書道部さんの見事な書道パフォーマンスを目にされた方もいるのではないでしょうか。

催し物

ギャラリートーク   9月10日(日曜日)午後1時30分~

書道パフォーマンス  9月17日(日曜日)午後1時30分~

作品を鑑賞するだけでなく、生のお話や実際のパフォーマンスを目にすることはめったにないことです。これは見逃すことができませんね。

授業風景

授業1

授業2

詳しくは下記のチラシをご覧ください。

引田恵華作品展1

引田恵華作品展2

【開催期間】9月8日(金曜日)~10月1日(日曜日)

【開館時間】午前9時~午後5時(最終入館 午後4時45分)

【休  館 日】会期中無休   【入館料】無料

   【催物】   ギャラリートーク  9月10日(日曜日)午後1時30分~

          書道パフォーマンス 9月17日(日曜日)午後1時30分~

イベント情報はこちらから ↓

https://www.e-hokuei.net/1001.htm