平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

 平成27年5月27日に「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律」が成立し、

平成30年4月から都道府県も市町村とともに国民健康保険の保険者になります。

 県は、市町村とともに国保運営を担い、安定的な財政運営や効率的な事業の実施について、中心的な役割を担います。

 市町村は引き続き、地域住民と身近な関係の中、資格管理(被保険者証の発行など)や保険税の決定・通知・収納、保険給付、保健事業などを行います。

国保制度改正に関するお知らせチラシ(PDF)

 現在、鳥取県と市町村の間で、新たな国保制度について協議・調整を進めています。

 詳しくは、関連リンク先をご覧ください。

関連リンク

国民健康保険制度改革(鳥取県HP)

持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律について(厚生労働省HP)