新型コロナウイルス感染者が増加し、第4波を迎え、また新型コロナウイルスワクチンの医療従事者の接種も始まり、高齢者接種も開始間近になったこのような時期に、4月13日、大栄庁舎勤務の職員のコロナ感染が発覚し、翌14日庁舎を閉鎖し、庁舎内勤務者全員にPCR検査を実施したところ、新たに4名の感染が確認されました。引き続き15日も庁舎閉鎖を行い、対応を協議いたしましたが、県とWeb会議の中で県クラスター条例により大栄庁舎がクラスターと認定され、これ以上の感染拡大を防ぐため、16日から2週間(29日まで)大栄庁舎の閉鎖となりました。
 町民の皆さまには新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不要不急の外出、マスク着用、手指消毒の徹底、三密の回避、ソーシャルディスタンスの確保等お願いしておきながら、このような事態を生じてしまい、ご不安とご迷惑をおかけし、誠に遺憾であり、申し訳ない気持ちで一杯でございます。
 また、大栄庁舎閉鎖中には、北条支所や電話での対応を実施いたしましたが、十分に対応できていないことも多々あったかと思います。心からお詫び申し上げます。
 今後は職員一人ひとりがこの出来事を戒めに、より一層感染防止に尽力すると共に、これからの業務に全力で取り組み、住民サービス・福祉の向上に努めて参る所存であります。
 なお、新型コロナウイルスのワクチン接種につきましては、少し遅れますが、日程を再構築し、出来るだけ早く接種できるようにし、皆さまの不安解消に取り組んで参りますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

                                   令和3年4月20日

                                     北栄町長 松本昭夫

新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中、県内でも急速な感染拡大が続いています。

町民の皆さまには、ご家庭をはじめ各職場等においても、徹底した感染予防対策に取り組んでいただいていることに心から感謝申し上げます。

そのような中、当町職員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しましたので、ご報告と町の対応を申し上げます。

当該職員は、4月12日(月曜日)夜に発熱し、4月13日(火曜日)になっても熱が下がらなかったため、同日、医療機関を受診し、PCR検査をすることになり、22時10分頃に感染が確認されたとの報告がありました。

直ちに新型コロナウイルス感染症にかかる北栄町対策本部会議を招集し、接触者及びPCR検査対象者の把握、庁舎内の消毒方法等の協議を行いました。

協議の結果、

(1)4月14日(水曜日)8時30分から職員201名の健康状態を確認し、PCR検査の検体採取を行うこととしました。

(2)4月14日(水曜日)からPCR検査の結果が判明するまで役場大栄庁舎業務を閉鎖することとしました。

マスクの着用や手指消毒等、感染予防対策には十分注意していたとはいえ、この感染により、町民の皆さまに不安を与え、ご迷惑をおかけしたことはとても残念であり、心からお詫びを申し上げます。

今後は、職員一人ひとりがより一層危機管理意識を高め、皆さまの安全・安心を守るため鋭意努力を重ねながら、感染防止対策に万全を尽くしてまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

また、4月12日(月曜日)に役場に来庁され、その後、倦怠感や発熱等の症状のある方、不安を感じられる方は、 「接触者等相談センター」電話番号0858-23-3135、または「北栄町役場健康推進課」電話番号0858-37-5867にご相談くださるよう重ねてお願いいたします。

 

                                     令和3年4月14日                                        北栄町長 松本昭夫