令和2年度の補助金申請の受付を停止します。

 交付決定額が予算額に達しましたので、補助金申請の受付を停止します。

 受付を再開する場合は、ホームページにてお知らせいたします。

令和2年度「北栄町創エネルギー等設備設置費補助金」の概要

 目的

 地域内での地球温暖化防止などを目的に北栄町内の住宅等に、太陽光発電システム、太陽熱利用機器、家庭用燃料電池システム、木質バイオマス熱利用機器(薪ストーブ、ペレットストーブ等)、蓄電池等(定置用蓄電池、電気自動車等充給電設備)を設置する方に補助金を交付します。

申請受付 

  • 令和2年4月1日(水曜日)から先着順で受け付けします。
  • 申請の受付期限は令和3年1月8日(金曜日)です。
  • 予算額に達した時点で受付を終了します。
  • 既に工事着手している場合は対象となりません。

受付状況

 予算額に達したため、補助金申請の受付を停止しております。

補助対象事業及び補助金(令和2年度4月から変更箇所あり)

補助対象事業 補助金 
太陽光発電システム(10kW未満)

45,000円/kW又は対象経費の3分の1 

(上限180,000円)

太陽熱利用機器(集積面積2平方メートル以上、強制循環型のみ) 対象経費の3分の1 (上限70,000円)
家庭用燃料電池システム 対象経費の3分の1 (上限120,000円)

薪ストーブ等

(2次燃焼構造等、本体購入費のみ(工事費含まない)

対象経費の5分の1 (上限180,000円)

定置用蓄電池(蓄電容量が1.0kWh以上、太陽光発電と連系するもの)

70,000円/kWh又は対象経費の3分の1

(上限400,000円)

電気自動車等充給電設備(太陽光発電と連系するもの、とっとり

EV協力隊への登録をすること)

 対象経費の3分の1(上限400,000円)

※対象事業にはその他要件があります。詳細については「北栄町創エネルギー等設備設置費補助金交付要綱」をご覧ください。

※各補助対象設備の種類ごとに、1の住宅に対し1回限り交付、千円未満の端数は切り捨て  

申込資格・要件

  • 申請日現在において、本町に住民登録をし(居住予定の者にあっては年度内に住民登録予定)、自ら居住又は居住予定の住宅に対して創エネルギー等設備(以下「対象経費」という。)を設置する者であって、町税、税外収入金その他の本町の歳入となるべきものを滞納していない世帯に属している者(町外に居住している者にあっては、居住地の市町村において税を滞納していない世帯に属する者)
  • 申請日現在において、本町に法人町民税の登録をし、自らが事業用として利用する建物に対して対象設備を設置する者であって、法人町民税を滞納していない事業者
  • 設置する設備は未使用品であり、補助金交付要綱の別表に定める要件を満たしていること
  • 設備の発注(契約)及び施工が県内事業者(県内に本店又は支店等がある事業者)であること            ただし、申請者と同一の代表者または資本関係がある事業者への発注(契約)は補助対象外

実績報告

 実績報告は、システム設置完了から30日以内または令和3年3月10日(水曜日)のいずれか早い日までに行ってください。

補助金交付要綱・様式集(令和2年度4月から変更箇所あり)

 (様式集)※Word版

交付申請に係るもの

変更(中止)承認申請に係るもの

実績報告・補助金請求に係るもの

その他