竹歳育世

































 
 
 
 
 
    E-mail : h-rekishi@e-hokuei.net

      HP      : http://blog.livedoor.jp/h_rekishi/
 
 

   【期間】  4月14日(金曜日)~5月7日(日曜日)
【開館時間】  午前9時~午後5時(最終入館は午後4時45分)
【  休館日 】  会期中無休
【 入館料  】  無料
【  催し物 】  ギャラリートーク 竹歳雅秀氏(育世さんの息子さん)

        4月15日(土曜日) 午後1時30分より

 NHKニュースでも放送される予定です。

 日にちは分かり次第お知らせします。

 遺作展初日 新聞でも紹介されたくさんの来館者が来られました。

 
 
 北栄町北条歴史民俗資料館では、町にゆかりのある芸術分野の作家を取り上げ、企画展「郷土の作家たち」として開催しています。
 今回紹介するのは北栄町女性写真家の草分け竹歳育世(たけとし やすよ)氏です。
 竹歳氏は昭和8年(1933)年、倉吉市鍛治町に生まれ、結婚後は北栄町由良宿に在住し、長女誕生のころから写真をはじめました。平成元年旧大栄町写真愛好会に入会、翌年には全日本写真連盟に入会して各コンテスト・展覧会に意欲的に写真を発表するようになり、県内はもとより中国(国)まで取材し、精力的に写真を撮り続けました。
 平成3年には日写連県本部展(入選)、県勤労者美術展(労働大臣賞)、倉吉美術展(奨励賞)、山陰の四季写真コンテスト(準特選)、勤労者美術展(知事賞)、市展賞4回を受賞するなど、その才能を開花させていきました。晩年、平成26年倉吉市美術展覧会で特選を受賞しますが、車いす生活になってもなお撮影会に出かけては作品を撮り続けました。
 本展覧会では、生活の大切な一部分としてシャッターを押し続けた作品の中から約25点を選び、展示・紹介します。

ちらしはこちら pdf(133KB)