鳥取県では、4月から6月の天気が良くて日差しが強く、気温が高めで風の弱い日に、光化学オキシダントの濃度が上昇し、光化学スモッグが発生しやすい時期になります。

 ※光化学オキシダントとは、自動車や工場などから排出される排気ガスや蒸発した溶剤などに含まれる窒素酸化物や炭化水素が、太陽からの強い紫外線を受けると光化学反応を起こし発生する物質です。

 

 濃度が上昇すると、鳥取県から光化学オキシダント注意報(警報)が発令されることになります。

 その際、外での行動等に当たっては、次のことに注意しましょう。

  ・窓をできるだけ閉め、屋外での活動は控えてください。

  ・学校、幼稚園、保育所においては、子どもさんを屋内に戻すようにしてください。

  ・目、のどなどに刺激を感じた方は、洗顔やうがいをしてください。

  ・大気汚染によって健康被害や動物・植物被害があった場合は、最寄りの保健所又は市町村役場に連絡してくだ

  さい。

 

 今後の光化学オキシダント濃度の状況や対策については、以下のページでご確認ください。

  鳥取県の大気の状況(鳥取県HP)

  大気汚染物質広域監視システム(環境省HP)

  光化学オキシダント対策(鳥取県HP)