あつまらいや北条では、北条地区の北条なかよし学級の子どもたちに「田植え」を通じた産業(農業)体験及び自然(泥土)に触れ合う体験、並びに地域の住民と世代を超えた交流を行うことで「ふるさと北条」を感じてもらう、また、地域の住民は地域の子どもたちを見守り、自分の経験を伝えながら育てていただくことを目的に、田井営農組合の皆様の全面的な協力のもと、1年間を通じた「もち米作り体験」を企画し取り組むこととしました。

 6月8日(土曜日)は、そのうちの”第1弾”として「田植え」を行いました。

 まずは、あつまらいや北条 副田会長のあいさつ後、早速、田井営農組合 田中さん、中村さんから田植えのやり方などの説明をお聞きし、田んぼに入りました。

 がんばるぞ!

1-1

 苗は3本から4本とって大切に植えよう!

1-2

 いよいよスタート!キャー、泥で足が・・・。

1-3

  縄のビーズを目印に前と縄のところに植えよう。

1-5

 おじさんここでええ?

1-6

1-7

 上学年はうまい!

1-8

1-10

 さあもう少し。

1-9

1-11

 だいぶうわってきたー!

1-12

 やったー!完成! 若干、植える苗がたくさんつまみすぎて、田んぼが少し開いちゃった感がありますが・・・、OK!

1-13

 田植えが終わった後は、皆さんと昼食交流です!今日田植えでお世話になった田井営農組合の皆さん、昼食交流で味噌汁、クロスカントリー以来のジャンボおにぎりを作ってくれた あつまらいや北条の皆さん、ありがとうございました!

1-14

1-15

 参加した皆さんと楽しく交流しました。

1-16

 今後、この「もち米作り体験」では、秋に「稲刈り」、年始には収穫祭として「もちつき」を開催する予定です。

 楽しみです!田井営農組合の皆様、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 あつまらいや北条では、今後も地域の皆さんと地域の子どもたちに「ふるさと北条」を感じてもらう取り組みを企画し、北条地区の賑わいの創出を少しずつ取り組んでいき、その賑わいが「北栄町の賑わい」につながったらと願っています。