新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった人は、申請により地方税等の減免を受けることができます。

 

【対象となる方】

 新型コロナウイルスの影響により、令和4年4月以降の任意の期間(1ヶ月以上)において事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね30%以上減少していて、一時に納付することが困難である人。

 

【対象となる地方税等】

 令和4年4月1日から令和5年3月31日までに納期限が到来する普通徴収(未納分)の国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料で、いずれも納期限までに申請したもの。

 既に納期限が過ぎている未納の税金についても、入院のため手続きできなかった等の一定の要件を満たせば溯ってこの特例を利用することができます。

 

【申請の手続き】

 申請書のほか、収入や現預金の状況のわかる資料を提出していただきます。

申請書は役場窓口のほか、下記の【申請書】から申請書を印刷、ダウンロードしてご利用

ださい。

 

申請期限:令和5年3月31日(金曜日)まで

 

【提出先】

                    北栄町役場 大栄庁舎 町民課(税務室)

                    北条支所    総合窓口 (北条健康福祉センター内)

 

 ご不明な点は、町民課 税務室(TEL 0858-37-5865)までご連絡下さい。

 

【申請書】(様式)

 

国民健康保険税等減免申請書(国保・介護・後期 統一様式) 

 

 

   各税目の減免の詳細については、下記の税目をクリックしてご確認下さい。

 

           国民健康保険税 介護保険料 後期高齢者医療保険料