ようこそ町長の部屋へ、ここでは交際費の状況や毎月私が感じたことなどを掲載します。

町長写真
北栄町長 松本 昭夫

プロフィール

昭和26年2月27日生まれ
明治大学商学部卒業
倉吉市農業協同組合、
鳥取県中部農業共済組合を経て
平成  6年 6月 北条町議会議員当選(2期)
平成13年11月 北条町長初当選
平成17年10月 北栄町長初当選
平成21年10月 北栄町長再選
平成25年10月 北栄町長再選

平成29年10月 北栄町長再選

座右の銘

路 行かざれば至らず 事 為さざれば成らず
 

2018年7月26日 甲子園

 7月には台風7号に引き続き梅雨前線が活発化し豪雨災害が発生しました。大雨特別警報が11府県に発令され、広島・岡山・愛媛等、中国・四国を中心に平成最大の被害者を出しました。被災で亡くなられた皆さまに哀悼の意を表しますとともに、被災された皆さまにお見舞いを申し上げます。また、一日も早く復旧・復興しますよう心からお祈りいたします。
 さて、今年も暑い夏がやって参りました。今年は夏の高校野球選手権大会が100回目を迎えます。平成最後の大会であり、20世紀生まれの選手が出場する最後の大会でもあります。今回は記念大会という事もあり、史上最多の56の代表校が栄冠を目指して熱い戦いをくりひろげます。この広報が配付される頃は全ての出場校が決定し、8月5日開幕に向けて練習や体調管理に余念がない事と思います。皆さんも母校や知り合いの人が出場したり、あの選手が、あの試合がと思い出深いものがあると思います。私も決勝引き分け再試合の松山商業対三沢高校、箕島高校対星稜高校、横浜高校対PL学園等の対戦を思い出します。ちなみに、今は兵庫県高野連の審判部長となっている私の友人曰く、主審をしていて「松坂の球は速かった」と言っていました。流石に平成の怪物です。夏の炎天下で直向(ひたむ)きに白球を追うプレーに、土と汗にまみれた姿に、一戦ごとに逞(たくま)しく成長していく姿に、またミラクルプレーにと正に青春の沸き上がるエネルギーがぶつかりあい、一戦一戦力の限り戦う姿に感動・興奮を覚え、心に深く刻まれるものと思います。
 今年も熱戦を期待し選手諸君にエールを送りたいと思います。

2018年7月26日