ようこそ町長の部屋へ、ここでは交際費の状況や毎月私が感じたことなどを掲載します。

町長写真
北栄町長 松本 昭夫

プロフィール

昭和26年2月27日生まれ
明治大学商学部卒業
倉吉市農業協同組合、
鳥取県中部農業共済組合を経て
平成  6年 6月 北条町議会議員当選(2期)
平成13年11月 北条町長初当選
平成17年10月 北栄町長初当選
平成21年10月 北栄町長再任
平成25年10月 北栄町長再任

座右の銘

路 行かざれば至らず 事 為さざれば成らず
 

2017年2月1日 家族

 早いもので今年も1ヵ月が過ぎました。来月は東日本大震災から6年になりますし、先月の17日には、阪神淡路大震災から22年が経過しました。多くの犠牲者や被害が出て、今なお不明者の捜索や、復旧・復興の道半ばであり、まだまだ心の傷が癒えない方もたくさんおられます。
 また、昨年は鳥取中部地震が発生し、家屋を中心に多くの被害が出ました。震災から100日を経過しましたが、まだブルーシート等たくさんかけられており、復旧はこれからが本番であります。よく災害があった後、家族の絆という事が言われます。普段、あまり実感していなくても何か有事があれば心配し、心を一つにして助け合い、立ち向かう、これが家族であると思います。今年の成人式でも都会に出ていて、家族の安否、地域の様子等、とても心配であったとの成人のお話しもありました。
 昨今、幼児を虐待したり、親が子を、子が親を殺害するというようなニュースが毎日のように報道されますが、心が痛みます。本当に悲しい事です。
 社会の最小の単位である家族、お互いが信頼をし愛情を持って健全に営まれる事が、絆をより一層強固にし、幸せな豊かな生活・人生が送れるものと思います。この震災を機に今一度、家族のあり方を考えてみてはどうでしょう。

2017年2月1日