ようこそ町長の部屋へ、ここでは交際費の状況や毎月私が感じたことなどを掲載します。

町長写真
北栄町長 松本 昭夫

プロフィール

昭和26年2月27日生まれ
明治大学商学部卒業
倉吉市農業協同組合、
鳥取県中部農業共済組合を経て
平成  6年 6月 北条町議会議員当選(2期)
平成13年11月 北条町長初当選
平成17年10月 北栄町長初当選
平成21年10月 北栄町長再選
平成25年10月 北栄町長再選

平成29年10月 北栄町長再選

座右の銘

路 行かざれば至らず 事 為さざれば成らず
 

2019年1月31日 民具

 今年の正月は暖かく穏やかな日々が続きました。「亥」年は過去災害や大事件も多く発生しておりますが、今年は平成最後の年であり、新天皇が即位する慶賀の年でもあります。平穏な年であることを願っています。
 昨年「みらい伝承館」では、生活民具などの収蔵品を多くの方や関係者等に譲り渡す「お別れ展示」を行いました。この収蔵品は町民の皆さまから譲渡していただいた貴重な品物でしたが、時代と共に老朽化した物や同じ物がたくさんあり、全てを保管することが困難な問題が生じておりました。収蔵品として残す物、それ以外の物等の民具の整理には、以前、県博物館の職員の方に2年間かけて調査をしていただいたことや、前鳥取敬愛高校校長の小山先生にご指導いただいたことが活かされています。全国的にも珍しい取り組みであるとメディアにも取り上げられ、全国から多くの来訪者があり、学校教材や博物館等の収蔵品、装飾品として85%の民具が新たな活用の場へと引き渡されました。
 全国の博物館も保管管理に苦労されている中、この取り組みが注目を浴び、2月17日には東大大学院主催によるフォーラムで担当者が講演をする事になっています。
 小さな町の取り組みが全国に発信され注目をされた事に驚きと誇りを感じます。

2019年1月31日