ようこそ町長の部屋へ、ここでは交際費の状況や毎月私が感じたことなどを掲載します。

町長写真
北栄町長 松本 昭夫

プロフィール

昭和26年2月27日生まれ
明治大学商学部卒業
倉吉市農業協同組合、
鳥取県中部農業共済組合を経て
平成  6年 6月 北条町議会議員当選(2期)
平成13年11月 北条町長初当選
平成17年10月 北栄町長初当選
平成21年10月 北栄町長再選
平成25年10月 北栄町長再選

平成29年10月 北栄町長再選

座右の銘

路 行かざれば至らず 事 為さざれば成らず

2018年1月1日 新年あいさつ

 新年明けましておめでとうございます。新春を寿ぎ心からお慶び申し上げます。
 昨年は震災の復旧・復興に向けて取り組んで参りましたが、皆さまのご努力もあり、かなり進捗したものと思います。まだの方も、一日も早く元の生活にもどれるよう支援して参りたいと考えています。また、1月、2月には大雪に見舞われパイプハウスをはじめ大きな被害が発生しました。再建に向けての取り組みをしっかり支えて参ります。
 世界では、米国のトランプ大統領は、自国第一主義で世界のリーダーになりえておらず、中国の習近平国家主席は党大会で足元を盤石にすると共に一帯一路政策で世界戦略の構築を進め、ロシアのプーチン大統領は再選に向けて着々と地盤を固めつつありますし、また、優等生と言われているドイツではメルケル首相が総選挙で勝利したものの、過半数に達せず、2カ月経過しても政権運営が出来ない状況であります。北朝鮮は経済制裁の真只中にありながら、ミサイルを発射し、中東では依然テロの恐怖にさらされております。
 日本においては、10月の総選挙で安倍政権が引き続き信任されましたが、周辺諸国の領土問題や、ミサイルの脅威に侵され、TPPやEUとのEPAの貿易協定、森友・加計問題、財政・社会保障問題等多くの難題を抱えております。
 世界中で政治が混沌としている中、新しい年を迎えました。今年の干支は、戊犬(つちのえいぬ)です。
前向きに地道な努力を重ねることが出来るかどうかで成長するか枯れてしまうか運気が大きく変わる干支だそうです。よい一年にするために前向きに新しい目標に向かって努力する事が大切であります。
 昨年、再選させて頂き、引き続き町政を担当させて頂くことになり、広報北栄11月号には抱負を掲載いたしました。地方創生・まちづくりビジョンを基に町民の皆さまの福祉の向上、北栄町の発展に前向きに全力で取り組んで参りますので、よろしくお願いいたします。
 本年が皆さまにとって素晴らしい年となりますようお祈りいたします。

2018年1月1日