ようこそ町長の部屋へ、ここでは交際費の状況や毎月私が感じたことなどを掲載します。

町長写真
北栄町長 松本 昭夫

プロフィール

昭和26年2月27日生まれ
明治大学商学部卒業
倉吉市農業協同組合、
鳥取県中部農業共済組合を経て
平成  6年 6月 北条町議会議員当選(2期)
平成13年11月 北条町長初当選
平成17年10月 北栄町長初当選
平成21年10月 北栄町長再選
平成25年10月 北栄町長再選

平成29年10月 北栄町長再選

座右の銘

路 行かざれば至らず 事 為さざれば成らず
 

2020年1月1日 新春によせて

 新年あけましておめでとうございます。新春を寿(ことほ)ぎ心からお慶び申し上げます。令和2年が皆さんに取りまして素晴らしい年となりますようお祈りいたします。

 さて、昨年は新天皇が即位され元号も令和となりました。今までは中国の古典から引用されていた元号が、今回は初めて出典が万葉集からとなり、何となく愛着の持てる元号であります。

 新時代の幕開けとなりましたが、世界では相変わらず自国ファーストが蔓延し、テロや紛争そして政治・経済に大きく影響を与えております。災害も多く発生し、大型で強大化し世界各地に大きな犠牲者と被害をもたらしています。

 日本でも毎年のように自然災害が発生し、防災に対する心構えが重要であり、地球温暖化は看破出来ない状況であります。今年度は2015年に国連で採用されたSDGs(Sustinable Development Goalds=持続可能な開発目標)に取り組むと共に、その基本である「誰一人取り残さない」施策、そして社会・経済・環境が総合的にマッチした持続可能な事業を実施して参ります。教育・福祉・健康・産業・環境・地域づくり等全ての事業にこのSDGsの考え方を取り入れて参ります。

 また山陰道「北条道路」の推進や、道の駅「北条公園」の再整備、青山剛昌ふるさと館や公民館の在り方も方向性を示さなければなりませんし、風力発電の今後の方針も検討いたします。気候非常事態宣言のもと地球温暖化の取り組みも進めて参ります。

 将来を見据えてしっかりとした展望の中で、皆さまと共に住んで良かったと誇りの持てる町づくりに取り組んでいきますので、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 皆さまのご健勝とご多幸を心からお祈りし新年のご挨拶といたします。

2020年1月1日