中小企業退職金共済制度(略称:中退共制度)は、昭和34年に国の中小企業対策の一環として制定された「中小企業退職金共済法」に基づき設けられた制度です。
 この制度は、中小企業退職金共済法に基づき設立された独立行政法人勤労者退職金共済機構中小企業退職金共済事業本部(中退共事業本部)が運営しています。
 掛け金について国の助成制度がありますので、是非ご活用ください。
 
制度のしくみ

中退共制度は、法律で定められた社外積み立て型の退職金制度です。
(1) 事業主が中退共事業本部と退職金共済契約を結びます。後日、従業員ごとの共済手帳を送付します。
(2) 毎月の掛金を金融機関に納付します。掛金は全額事業主負担です。
(3) 従業員が退職したときは、その従業員の請求に基づいて中退共事業本部から退職金が直接支払われます。

詳細については→ こちらへ

中小企業退職金共済制度のご案内