古い木造住宅の「耐震診断」・「改修設計」・「耐震改修」並びに「ブロック塀の撤去・改修新設」の費用の一部を補助します

募集チラシ

募集期間: 平成30年11月1日(木曜日)から11月30日(金曜日)

受付時間: 8時30分から 17時15分

受付場所: 北栄町役場 地域整備課 地域整備室 (大栄庁舎2階)

基本添付資料

 (1) 付近見取り図  例)住宅地図のコピー

 (2) 個人情報の調査承諾書

 (3) 建物の所有者・建築時期・建築面積・構造・階数が確認できる書類

          例)固定資産課税明細書・固定資産課税台帳【税務課】

 (4) 設計図書(筋交いのある図面)の写し (ない場合はなくても可)

 (5) 所有者が複数いる場合は 耐震に係る 同意書(共有名義人)(全員)
 (6) 賃借人がいる場合は 耐震診断に係る 同意書(貸借人) (世帯主)

北栄町木造住宅耐震診断事業

無料耐震診断

北栄町にある古い木造住宅の耐震診断を無料で実施します。
募集チラシを必ずご確認の上、申請書に必要書類を添えてご提出ください。

《補助となる住宅等の要件》

 北栄町内にある次の要件すべてに該当する建物の所有者です

  • 木造の一戸建ての住宅または併用住宅 (店舗等の部分が延べ床面積の2分の1未満であるもの)
  • 平成12年5月31日以前に建築工事に着工されたもの (平成12年6月1日以後に増築工事に着工している場合は対象外)
  • 延べ床面積が220平方メートル未満で、階数が2以下のもの ※220平方メートル以上は有料で診断できます。ご相談ください。
  • 木造在来軸組工法・伝統的工法・枠組壁工法で建築されたもの (プレハブ工法や丸太組工法のものは対象外)
  • 現に居住の用に供しているもの 

募集数

 1戸【応募多数の場合は抽選】 

提出添付資料

  •  申請書
  •  基本添付資料(1)~(6)

詳しくは要綱をごらんください

 【参考】北栄町木造住宅耐震診断事業実施要綱

住宅の改修設計・耐震改修・ブロック塀の費用を補助

改修設計・耐震改修

 地震による住宅の崩壊等の被害から生命・財産を守るため、耐震化を進めることが重要です。町では次のとおり、住宅の耐震改修・改修設計の費用の一部を補助します。

《補助となる住宅等の要件》

  1. 平成12年5月31日以前に建築された住宅であること
  2. 建築基準法第9条第1項の規定に基づく命令を受けていないもの
  3. 耐震診断(一般診断法等)の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
  4. 耐震改修にあっては、特定行政庁により地震に対して安全な構造となるよう勧告がなされたもの
  5. 国、地方公共団体以外の者が所有するもの
募集数

  改修設計・耐震改修 各4戸【応募多数の場合は抽選】 

提出添付資料(改修設計・耐震改修 共通)

   ※事業費の見積書の写し

  •  基本添付資料(1)~(6)

ブロック塀(コンクリートブロック塀・石積塀、レンガ塀)の撤去・改修の費用を補助

≪補助対象となるブロック塀の要件≫

次の(1)から(4)に揚げるものすべてを満たす、撤去及び(5)を満たすフェンス等の改修であること

撤去

 (1) 高さが0.6mを超えるもの

 (2) 不特定の者が通行する道路に面したもの

 (3) (1)(2)に該当し、危険性が確認されたブロック塀等※であること

 (4) (3)で危険性が確認されたブロック塀の全てを撤去するもの

    ※申請後に町で危険性を確認します。

改修

 (5) 本補助事業を活用して撤去した、ブロック塀の範囲に新設するフェンス、生垣への改修

募集数

  ブロック塀の撤去・改修 5件【応募多数の場合は抽選】

提出添付資料(改修設計・耐震改修 共通)

   ※事業費の見積書の写し

  •  基本添付資料(1)(2)

詳しくは次の事業の概要をご覧ください。 

  北栄町震災に強いまちづくり促進事業補助金要綱

業者 提出書類

1.着手届

2.完了届

3.実績報告書

4.支払請求書