オオサンショウウオって?

 世界最大の両生類(カエル、イモリの仲間)で、国の特別天然記念物に指定されている貴重な生き物です。別名「はんざけ」「はんざき」ともいわれます。

どこにいるの?

 西日本の山地、なかでも中国山地は日本有数の生息地となっています。北栄町では東高尾、西高尾、亀谷、比山、岩坪、大島、東園、米里で発見されており、保護されて東高尾、西高尾へ放流した事例があります。

みつけたら捕まえていいの?

 珍しいのでつい捕まえたくなりますが、それはいけない行為です。なぜならオオサンショウウオは文化財保護法により、勝手に捕まえたり家で飼育するすることは禁止されているからです。不用意にさわると噛みつかれる危険性もありますよ。
 もしどこかでみつけたら、すぐに教育委員会生涯学習課(電話:37-5871)に連絡してください。直ちに職員が出向き、記録(体長、体重、頭の模様、足指の状況、尻尾の状態)をとったあと、保護された場所もしくは安全に生息できる場所に放流します。なお、発見したものが死体であっても、記録する必要がありますのでご連絡願います。

上種にいたオオサンショウウオ

 これは平成16年12月の上種付近での発見されたオオサンショウウオです。下種「水辺の学校」建設に伴う事前生息調査で見つかり、東高尾に放流しました。体長61cm、体重1.92kgでした。

 オオサンショウウオを見つけたらの画像その1  オオサンショウウオを見つけたらの画像その2  オオサンショウウオを見つけたらの画像その3
     
     

原にいたカスミサンショウウオ

 町内ではオオサンショウウオのほか、『カスミサンショウウオ』というサンショウウオの仲間が見つかっています。このカスミサンショウウオは天然記念物に指定されていませんが、生息数が少なくなっており、レッドデータブックとっとりでは、絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

 

オオサンショウウオを見つけたらの画像その4

 

 

 平成15年9月、原でみつかったこのカスミサンショウオ、産卵直前だったようでおなかが大きくふくらんでいました。中央公民館大栄分館で数日保護した後、元の場所に戻しました。無事産卵して、子どもたちも大きく育ったことでしょう。