交付の目的

 平成31年度に創設された森林環境税及び森林環境譲与税は、森林の公益的機能がより一層発揮されるよう市町村や都道府県が実施する森林整備やその促進にかかる財源です。

 使用目的は、適切な森林の整備やその促進につながる取り組みを計画的かつ効果的に進める必要があり、森林整備の推進、担い手確保・人材育成、木材利用の促進、啓発普及など様々です。

 北栄町にも令和元年度から森林環境譲与税が国より譲与されています。

 

使途の公表について

 森林環境譲与税の使途については、適正な使途に用いられることが担保されるように市町村及び都道府県は、インターネットの利用等により使途を公表しなければならないこととされています。

 

北栄町への交付額

 令和元年度 1,924千円

 令和2年度 4,100千円(予定)

 

北栄町における使途

 北栄町においては、森林の適正な経営管理を目的とする森林経営管理推進事業への活用を見込んでおり、令和元年度においては、意向調査の業務委託、公共施設における木製ベンチの導入に活用しました。

 

活用事業

〇令和元年度

充当事業

内容

金 額(千円)

(新規)森林経営管理推進事業

事務経費(意向調査)

132

(新規)木造公共建築物整備事業

間伐材を活用したベンチを6箇所のこども園と子育て支援センターに設置した。

193

合計

325

〇令和2年度(予定事業)

 森林経営管理推進事業(意向調査、経営管理権集積計画作成、推進センター負担金)

 

森林環境譲与税基金積立金について

〇令和元年度

 譲与税歳入額 1,924千円 - 充当額 325千円 = 1,599千円を森林環境譲与税基金へ積立ます。