不法投棄とは、廃棄物を適正に処理せず、みだりに道路や山林、空き地等(自分の占有地、管理地を含む。)に捨てる行為のことです。
 不法投棄は、そのまま放置しておくとさらなる不法投棄を誘発する恐れや、水質や土壌の汚染といった新たな悪影響を及ぼす要因にもなります。


私有地に不法投棄されている様子
 

罰則について

 違反した場合には、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金(法人の場合は3億円以下の罰金)、またはその両方の罰則が科せられます。

 

不法投棄されないために

 土地の所有者(または管理者)の方は、不法投棄されないよう、適切な管理を心がける必要があります。不法投棄は重大な犯罪であり、法律で禁止されていま すが、投棄した者が見つからなければ、その土地の所有者(または管理者)の責任によって自ら処分しなければなりませんので、日頃からごみを捨てられない環 境づくりに努めましょう。


不法投棄されてしまったら

  • 不法投棄されたごみを撤去する自治会や個人を支援しています。
    詳しくはこちら (不法投棄廃棄物撤去事業等補助金交付要綱が開きます)
  • 不法投棄防止看板を貸与しています。
    ※不法投棄されたごみを片付けられた後に設置すると、より効果的です。